コンテンツにスキップする

ロンドンの鯨に勝ったブルーマウンテン旗艦ファンド閉鎖-創業者去る

  • 共同創業者のスティーブン・サイドロー氏は年内に退職する
  • 旗艦ファンドは昨年の運用成績がマイナスに落ち込んでいた

「ロンドンの鯨」と呼ばれたトレーダーに勝ったことで知られるヘッジファンド運営会社ブルーマウンテン・キャピタル・マネジメント(運用資産額190億ドル=約2兆円)が、旗艦ファンドを閉鎖し、共同創業者も同社を去る。

  8日の発表資料によれば、共同創業者のスティーブン・サイドロー氏は年内に退職する。ブルーマウンテンは、金融保証会社アシュアド・ギャランティが1億6000万ドルで今月買収した。

  アンドルー・フェルドスタイン氏とサイドロー氏が共同で設立したブルーマウンテンは、ロンドンの鯨の異名を取ったJPモルガン・チェースのトレーダーと逆方向の取引を2012年に行い、同行が巨額の損失を被る中で、3億ドルの利益を得たことで名を上げた。

  旗艦ファンドである「ブルーマウンテン・クレジット・オルタナティブズ・マスター・ファンド」(運用資産額25億ドル)は 2012年以降の年間リターンがプラス8-10%の目標を達成できず、昨年は運用成績がマイナスに落ち込んでいた。

Hedge Fund Blues

BlueMountain's main fund hasn't reached its 8-10% target since 2012

Source: Bloomberg reporting

原題:BlueMountain Closes Flagship Fund After Assured Purchase (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE