コンテンツにスキップする

猛烈な勢力の台風19号、ラグビーW杯試合中止も-週末に関東直撃か

  • JALやANAは国内便欠航などの可能性、宅配停止の注意呼びかけ
  • 台風の現在の中心気圧915ヘクトパスカル、最大瞬間風速75メートル
Super Storm Hagibis on Oct. 8, 2019.
Super Storm Hagibis on Oct. 8, 2019. Photographer: NOAA
Super Storm Hagibis on Oct. 8, 2019.
Photographer: NOAA

大型で猛烈な勢力の台風19号は3連休の初日から日本列島に上陸する見通しで、連休中に東京を含め関東地方を直撃する恐れがある。ラグビーワールドカップ(W杯)の大会運営に影響をもたらす可能性も出ている。

  気象庁が9日午前9時45分に発表した最新予報によると、台風19号は現在太平洋のマリアナ諸島地域に位置している。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルとなっている。

Typhoon Faxai Strikes Near Tokyo, Hitting Morning Commute

台風15号では関東地方を中心に大きな被害が出た(神奈川県川崎市)」

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  12日土曜の午前9時以降に東京や千葉を含め関東地方が台風の中心に入る見通しとなっている。同庁によると、台風の強さは「非常に強い」よりも一段上の「猛烈な」に該当する。台風の接近に伴い、午前9時9分現在、東京湾では高潮注意報が発動されている。

  9月に千葉県で大規模停電や家屋の損害など深刻な被害をもたらした台風15号の爪痕が癒えぬまま、台風19号が関東地方に接近する中で、暮らしや企業の生産活動にも影響を与える可能性がある。

  ヤマト運輸は台風19号の状況によっては集配と営業所の受付業務を停止する可能性があるとして、ウェブサイトで利用者に事前に余裕を持って荷物の依頼を出すよう促している。

  日本航空は台風の影響でJALグループ便で遅延や欠航により発着地へ引き返す可能性があると同日に公表。国内ツアーの参加者に注意を呼びかけた。ANAホールディングスは11日から12日にかけて、羽田空港や成田空港、関西空港などで発着便すべてに影響が出ると予測されるとし、実際の運航にかかわらず搭乗便の変更や払い戻しに応じるとした。

  台風はスポーツの試合にも影響する。ラグビーW杯は13日が1次リーグの最終日で、決勝トーナメントに進出する8チームが今週末に出そろうはずだったが、台風の影響で試合中止の可能性が出ている。

  ラグビーW杯組織委員会の広報担当、坪田旨利氏は台風の影響について、動向を注視していて、安全性など確認し、試合の中止もあり得るとコメント。中止となった場合、延期や再試合はなく引き分け扱いとなるため、現在3連勝の日本はベスト8への進出が決まる。台風による影響で試合中止となるのは、過去8大会で前例がないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE