コンテンツにスキップする
Photographer: Troy Harvey

パナソニック、テスラの車載電池元責任者を米ギガファクトリーで採用

From
Machinery stands inside the Tesla Motors Inc. Gigafactory in Sparks, Nevada, U.S., on Tuesday, July 26, 2016. Tesla officially opened its Gigafactory on Tuesday, a little more than two years after construction began. The factory is about 14 percent complete but when it's finished, it will be about 10 million square feet, or about the size of 262 NFL football fields.
Photographer: Troy Harvey

パナソニックは、米電気自動車(EV)メーカー、テスラでEV用車載電池の開発・検証を統括していたセリナ・ミコワイチャク氏を採用した。両社が米国で共同運営する大規模電池工場「ギガファクトリー」で要職に就く。

  ミコワイチャク氏のリンクトインのプロフィルによれば、2012年から18年初めまでテスラで働き、その後ウーバー・テクノロジーズに短期間在籍した同氏は、電池技術担当のバイスプレジデントとしてパナソニックに今月入社した。

HANDOUT Celina Mikolajczak

セリナ・ミコワイチャク氏

  ミコワイチャク氏は、テスラのセダン「モデル3」向けEV電池パックを製造する米ネバダ州リノのギガファクトリーで勤務する。

原題:Tesla’s Cell Supplier Hires Battery Guru for Key Gigafactory Job(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE