コンテンツにスキップする

ネクター強気派のゴールドマンがついに白旗-時価総額1.5兆円縮小後

  • 投資判断を「買い」から「売り」に2段階引き下げ
  • 品質問題を背景に短期的な好材料がないと指摘-目標株価も下げ

ゴールドマン・サックスはネクター・セラピューティクスについて、株価下落とそれに続くS&P500種構成銘柄からの除外にもかかわらず昨年12月からずっと強気を維持していたが、ついに姿勢を転換した。

  ゴールドマンのポール・チェ氏は投資判断を「買い」から「売り」に2段階引き下げた。医薬品の品質問題を背景に短期的な好材料がないことや株価に最近、下押し圧力がかかる中でネクターのがん治療薬に焦点を絞る投資家の姿勢に言及した。同氏は目標株価もウォール街で最も低い16ドルに引き下げた。これまでは現水準の3倍近い54ドルとしていた。

  ネクターの株価は8日に13%安と、8月9日以来の大幅下落で引けた。チェ氏が12月にカバレッジを開始してから株価は約半減。時価総額は2018年3月のピークから140億ドル(約1兆5000億円)余り減った。

Nektar shares have tumbled as the broader market moved sideways

  ネクターの製造問題が8月に株価の重しになり投資家の不安感を高めたことに加え、新薬候補を開発最終段階に導く同社の能力に対する注目の高まりを受け、チェ氏もついに強気の姿勢を改めた。米ブリストル・マイヤーズスクイブのがん免疫治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)との併用療法で投与するがん新薬候補bempegaldesleukinの「臨床および商業上の見通しに対する信頼回復でネクターは今、大きな課題に直面している」とリポートで指摘した。

  チェ氏はプーマ・バイオテクノロジーの投資判断も「中立」から「売り」に引き下げ、目標株価を24ドルから8ドルに下げた。同社のがん治療薬に対する潜在的な競争は、リスクとして過小評価されていると指摘した。プーマの株価はこの日、22%安で終了した。

原題:
Goldman Throws in the Towel on Nektar After $14 Billion Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE