コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル堅調、米中交渉を控え-円やフランにも買い

更新日時

8日のニューヨーク外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演後、ドルが堅調を維持。議長は、最近見られた短期市場での混乱が再発しないよう、当局は米財務省証券の購入を再開すると表明した。一方で、米中の貿易交渉再開を控えては依然不透明感が強い。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、ニューヨーク時間午後4時50分の時点で0.1%上昇。一時は0.2%上昇していた。主要通貨の中ではニュージーランド・ドルが最も買われた。逃避先通貨も堅調。
    • パウエル議長は米財務省証券の購入は金融危機時に実施した量的緩和プログラムの復活と捉えるべきではないと強調
    • 成長減速は明らかだが、景気拡大が停止すると考える根拠はない-パウエル議長
    • シカゴ連銀のエバンス総裁発言もドルを支援。エバンス総裁は「さらなる保険として、25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 引き下げる根拠は十分にありそうだ」と発言
  • 米中は10、11日に閣僚級の貿易交渉を再開
  • 円とスイス・フランは取引中の大半をプラス圏で過ごした。トランプ政権は米国から中国への資本流入を制限することについて協議していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。米商務省は前日、複数の中国企業をブラックリストに掲載
  • ポンドは軟調。来週のEUサミットを控えEU離脱をめぐる問題がエスカレートした。ジョンソン英首相はドイツのメルケル首相に対し、離脱を巡る合意は「本質的に不可能だ」と伝えた
  • ドルは対円で0.2%安い1ドル=107円06銭。一時は0.4%下げて106円81銭
  • ポンドは対ドルで0.6%下げて1ポンド=1.2214ドル。3日連続安。EU離脱合意のめどがたたない中、9月4日以来の安値となる1.2195ドルまで下落
  • ユーロは対ドルで0.2%安い1ユーロ=1.0955ドル。一時は0.3%下げて10月3日以来の安値となる1.0941ドルを付けた

欧州時間の動き

  円はそれまでの下げから反転、上昇した。人権侵害を理由に米国が中国企業をブラックリストに掲載したことに抗議し、中国が報復に出る可能性を示唆。ドルは主要10通貨の大半に対して下げていたが、中国の外務省報道官の発言を受けて一時的に下げ幅を縮小した。

原題:Dollar Gains Ahead of U.S.-China Trade Negotiations: Inside G-10(抜粋)

Yen Gains as China Warns of Blacklist Retaliation: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、最終段落に欧州時間の値動きを追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE