コンテンツにスキップする

米生産者物価指数:コアが4年余りで最大の低下-総合もマイナス

更新日時

9月の米生産者物価指数(PPI)は、食品とエネルギーを除くコア指数が前月比で低下し、低下率は4年余りで最大となった。インフレ圧力が抑制されている新たな兆候が示され、金融当局にとって政策金利を引き下げる余地が広がる可能性がある。

キーポイント

  • 9月のコアPPIは前月比0.3%低下-低下率は4年余りで最大
    • エコノミスト予想の中央値は0.2%上昇
    • 前年同月比では2%上昇-ここ2年で最も低い伸び
  • 総合PPIは前月比0.3%低下
    • 前年同月比では1.4%上昇-2016年11月以来の低い伸び

  

Core U.S. producer prices fell by the most since Feb. 2015 from the prior month

インサイト

  • コア指数の前月比低下率は2015年2月以降の最大。需要低下で企業が値下げを余儀なくされ、関税に伴うコスト上昇分を価格に転嫁できていない状況を示唆

詳細

  • 食品とエネルギー、貿易サービスを除くPPIは前月比横ばい。最も変動の大きい要素を取り除いていることから、一部のエコノミストはこの指標を重視している。前年同月比では1.7%上昇
  • 財のコストは前月比0.4%低下(前月0.5%低下)。サービス価格は0.2%低下(同0.3%上昇)
  • エネルギー価格は前月比2.5%低下し、総合指数を押し下げた。食品は0.3%上昇
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:Core U.S. Producer Prices Fall Most in More Than Four Years (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE