コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、1-9月成績は2013年以来で最高-株式戦略が好調

ヘッジファンドの今年1-9月の平均成績はプラス4.9%と、2013年以来の好パフォーマンスを達成した。ヘッジファンド・リサーチが7日にリポートを公表した。株式戦略ファンドが主導し、次いでイベントドリブン戦略が好成績だという。

  英国の欧州連合(EU)離脱問題や米中貿易戦争、トランプ米大統領の弾劾調査などが市場を揺るがす中でヘッジファンドのパフォーマンスが改善した。前年同期はヘッジファンドの平均成績がプラス1.7%だった。ファンドは9月のモメンタム株からの反転を総じて乗り切り、9月も第3四半期も幾分の利益を確保した。

  ただ、ヘッジファンド業界のパフォーマンスは依然、S&P500種株価指数を下回っている。S&P500種は年初から9月30日までで配当再投資を含め約21%のリターンを上げた。

原題:Hedge Funds Post the Best Performance This Year Since 2013 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE