コンテンツにスキップする

香港取引所、ロンドン証取グループ買収を断念-約3.9兆円規模

更新日時
  • 買収追求は香港取引所株主にとって最善の利益にならないと判断
  • ロンドン証取グループは先月、買収案を拒否していた

香港取引所は8日、ロンドン証券取引所グループ(LSE)に一方的に提示していた296億ポンド(約3兆9000億円)相当の買収案を取り下げると発表した。

  香港取引所は届け出で、LSEとの統合を「戦略上魅力的」と取締役会は引き続き見なしているが、「このビジョンの実現についてLSE経営陣と話し合うことができないことに失望しており、結果としてLSE買収案の追求は香港取引所株主にとって最善の利益にならない」と判断したと説明した。

  LSEは先月、香港取引所が示した買収案を拒否。香港の政治不安や当局との潜在的な問題など多くの困難があることを理由に挙げた。

  LSE株主から統合の利点についての理解を得るため、香港取引所はUBSグループとHSBCホールディングスを起用したとブルームバーグが9月下旬に報じていた。

原題:
HKEX Says Not to Proceed With London Stock Exchange Offer(抜粋)

(これまでの経緯などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE