コンテンツにスキップする

ドイツの銀行、マイナス金利の痛みをリテール顧客に転嫁

  • ドイツ2位の信用金庫、リテール顧客にマイナス金利適用を開始
  • 他行も追随の可能性-ドイツ銀、コメルツ銀も顧客転嫁をすでに示唆

マイナス金利の負担があまりにも重くなるに伴い、その痛みをリテール顧客に転嫁するドイツの銀行が増えている。

  ドイツ第2の信用金庫であるベルリナー・フォルクスバンクはリテール顧客に対し、10万ユーロ(約1180万円)を超える預金にマイナス0.5%の金利を適用し始めた。この動きに他の銀行も追随するかもしれない。ドイツ銀行コメルツ銀行も、マイナス金利の顧客への転嫁を考えていると示唆している。

  市場調査会社ベリボックス・フィナンツファーグライヒの共同責任者、オリバー・マイアー氏は、「銀行業界は変わりつつある。大手の信用金庫の1つが一歩を踏み出した今、預金へのマイナス金利の採用は増えると予想される」と述べた。

  ドイツの銀行は評判低下や預金の大量流出を懸念して個人顧客に対するマイナス金利の転嫁を長い間避けてきたが、欧州中央銀行(ECB)のマイナス金利が5年に及び、もともと弱かった収益への打撃を相殺する手段が尽きつつある。

原題:German Lenders Pass Pain of Negative Rates to Retail Clients (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE