コンテンツにスキップする

追加利下げがあと何回必要かはっきりせず-ミネアポリス連銀総裁

  • われわれはブレーキを踏まず、経済を支援すべきだとカシュカリ総裁
  • カシュカリ総裁は最も積極的に発言するハト派当局者の1人

米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は7日、米経済見通しの下振れリスクを考慮すれば金融当局は経済を支援すべきであり、追加利下げが何回行われるかははっきりしないと述べた。同総裁は最も積極的に発言するハト派の当局者の1人。

  カシュカリ総裁はミネソタ州プライヤーレイクでの講演で、「米経済がリスク拡大を示しているように思われるほか、企業投資と世界経済が鈍化し、インフレ率は引き続き当局の目標を下回っているため、私のメッセージは明確だ。われわれはブレーキを踏まず、経済を支援すべきだ」と発言。

  「当局が利下げをしていることに私は満足だ。利上げをすべきだったとは思わない」とし、「あと何回利下げをすべきだろうか。まだ分からない」と同総裁は語った。

  カシュカリ総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持たないが、来年は投票メンバーになる。同総裁はここ数年、連邦準備制度による金融引き締めに異を唱えていた。

原題:Fed’s Kashkari Says Not Clear How Many Rate Cuts Economy Needs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE