コンテンツにスキップする

ボルボと吉利、エンジン事業を統合へ-コスト削減進める

スウェーデンのボルボ・カーと中国の吉利汽車は、エンジン事業を統合し、独立した企業を設立する計画だ。ボルボは全モデルの電動化を進めており、エンジン事業の統合はコスト削減につながると説明している。

  事業統合後のディーゼル・ガソリンエンジンの生産台数は200万台となり、規模拡大を生かしたコスト削減が可能になる。ボルボの現在のエンジン生産台数は60万台。

  ボルボのホーカン・サムエルソン最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、エンジン事業の統合計画について、来年ボルボの取締役会に提示し承認を目指す考えを示した。事業統合に伴う人員削減は実施しない方針。

原題:
Volvo and Geely to Merge Engine Units in Electric Car Push (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE