コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのアパルーサ、外部資金の大半を返還へ-顧客15人残し

富豪のデービッド・テッパー氏は、15人の重要顧客以外の資金を返還する。同氏は自身のヘッジファンド、アパルーサ・マネジメントをファミリーオフィスに転換する計画。

  事情に詳しい関係者によると、アパルーサは来年の早い時期に顧客への返金を開始する。運用資産の外部資金の大部分を返還することになる。アパルーサが保持する残りの投資家の資金は合計で12億5000万-15億ドル(約1340億-1600億円)。

Key Speakers At The 20th Annual Sohn Investment Conference

デービッド・テッパー氏

  この計画は、テッパー氏が日々のヘッジファンド運用業務から遠ざかる第一歩。ブルームバーグは5月に、テッパー氏が時期は決めていないもののファンド事業から手を引くことを検討していると報じていた。

  広報担当のジョナサン・ガスサルター氏はコメントを控えた。

原題:Tepper to Keep His Hedge Fund Alive for Handful of Key Investors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE