コンテンツにスキップする

バイデン氏、トランプ大統領と対決の用意-大口献金者の不安払拭図る

  • 週末の大口献金者の会合で、トランプ氏の攻撃への対応の遅れ認める
  • ウォーレン氏の台頭や資金集めの出遅れが献金者の懸念材料

バイデン前米副大統領は週末、同氏の息子に対するトランプ大統領からの汚職の非難に対して力強い対応が遅れていることを認める一方で、大口献金者の不安を払拭(ふっしょく)しようと試みた。バイデン氏は7ー9月(第3四半期)の資金集めで後れを取っている。

  バイデン氏の陣営がフィラデルフィアで開催した会合に約100人の大口献金者が集まった。大統領選の民主党候補指名獲得に向けた最初の争いである来年2月3日のアイオワ州の党員集会まで4カ月を切る中、同陣営は戦略を説明した。

Giffords and March For Our Lives Team Up Hosts Presidential Forum On Gun Safety

バイデン前副大統領

  今回の会合はバイデン氏にとって極めて重要な局面で開かれた。民主党指名獲得争いで同氏の最有力候補としての地位は揺らいでいる。主要な州や全国の世論調査では、エリザベス・ウォーレン上院議員がバイデン氏と統計上互角か、僅差でのリードとなっている。

  トランプ氏と共和党の同調者はバイデン氏の息子ハンター氏のビジネス取引に関して根拠のない汚職疑惑を主張しているほか、バイデン氏は7ー9月の資金集めでウォーレン氏やバーニー・サンダース上院議員、インディアナ州サウスベント市長のピート・ブータジャッジ氏に後れを取った。

原題:
Biden Reassures Top Donors He’s Ready to Battle Donald Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE