コンテンツにスキップする
Photographer: Mike Short/Bloomberg

ミレニアル世代、高収入でも心配-一生働き続けなければならないのか

  • 多くの業界の雇用情勢が厳しい時に大学を卒業した人が多い30-34歳
  • 29歳以下の高収入ミレニアルはより楽観的で好きな仕事を求める傾向
Members work on laptop computers in a common room at the Embarcadero WeWork Cos Inc. offices in San Francisco, California, U.S., on Thursday, Oct. 19, 2017. WeWork has focused its attention on Asia since 2016 with the opening of its first facility in Shanghai amid booming demand for flexible work spaces.
Photographer: Mike Short/Bloomberg

30-34歳の高収入を得ているミレニアル世代の半数は、十分な老後資金が貯められず一生働き続けなければならないことを心配している。

  独身なら年収が10万ドル(約1070万円)以上、既婚またはパートナーがいる場合は15万ドル以上を対象にした調査で分かった。

  富裕層向け助言会社スペクトレム・グループが実施したこの調査は、米経済が大恐慌以降で最悪の危機に見舞われていた時代に成人した世代の不安を浮き彫りにする。

Middle Millennials

Millennials that graduated from college during the recession are least upbeat

Source: Spectrem Group

Note: Survey of high-income millennials

  多くの業界の雇用情勢が厳しい時に大学を卒業した人が多い30-34歳のミレニアル世代は特に、自分の財務状況についてしっかり意識し、懸念も大きい。

  悲惨な労働市場の記憶を抱えるミレニアルの「中間」層は、あまり好きでない仕事をするのを年上・年下のミレニアル世代ほど厭(いと)わない。

  調査によれば、米経済が回復し始めたころに大学を卒業した29歳以下の高収入ミレニアルはより楽観的で好きな仕事を求める傾向があり、一生働き続けることをそれほど心配していない。

原題:Even High-Income Millennials Fear They’ll Need to Work Forever(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE