コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

マイナス金利深掘りは「抜かずの宝刀」、景気効果全くない-門間氏

  • 景気悪化が確実にならないとどんな手段にせよ日銀は追加緩和しない
  • マイナス金利深掘りなら超長期金利下限設定、指針や三層構造変更を
The Bank of Japan (BOJ) headquarters stand in Tokyo, Japan, on Tuesday, July 16, 2019. The BOJ would offer support for a government spending package likely to be unveiled in October when a national sales tax is increased, according to a former central bank official.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本銀行前理事の門間一夫氏は、追加緩和の有力な選択肢とされるマイナス金利の深掘りに景気を押し上げる力はなく、円急騰など金融市場でパニックが起こらない限り、日銀は踏み切らないとの見方を示した。

  門間氏は3日のインタビューで、マイナス0.1%の短期政策金利の引き下げは「景気、物価に全く効果はない。為替や株価の悪化を短期的に食い止める効果があるかどうかも分からない」と指摘。マイナス金利の深掘りは、抜かないことに意味のある「抜かずの宝刀」であり、海外発の下振れリスクが顕現化しないよう「日銀は祈るしかない」と述べた。

門間一夫氏

門間前日銀理事

  日銀は9月の金融政策決定会合後の公表文で、景気や物価に「より注意が必要な情勢」と追加緩和に含みを持たせた上で、次回会合で経済・物価情勢を改めて点検すると明記。黒田東彦総裁は会見で、マイナス金利の深掘りが追加緩和の「オプションの中に入っている」との見解を示した。

  門間氏は、日銀は米国に比べ追加緩和余地が少ない上、為替や株式市場に対しても、政策出尽くしとの見方から逆効果になるリスクがあるため、「よほど景気が悪くなることが確実にならないと、どんな手段にせよ追加緩和はしない」とみる。

  マイナス金利深掘りに景気刺激効果がないとみるのは、金利を下げれば通常、人々や企業は将来の支出や投資を前倒しするが、「景気がさほど悪化してないのに利下げすると低金利が長引くと予想し、今お金を使う動機にならない」ためだ。家計利子収入の政府部門への移転を長期化させ、心理悪化を通じてむしろ「景気にマイナスに働く可能性もある」と言う。

仮に日銀が刀を抜いたら

  仮にマイナス金利深掘りに追い込まれた場合は、副作用対策として、20年春まで長短金利水準を維持するとした政策金利の指針を変更するのも手だと語る。物価目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れが高まることが追加緩和の理由なので、モメンタムが「回復するまで維持する」に修正することで、状況が変われば「ひところより回復したとして元に戻すことも可能」とみる。

  金融機関に対してマイナス金利(利子付き)での貸し出しを予想する声もあるが、補助金との批判を受けやすいため門間氏は否定的だ。むしろ、マイナス金利政策の下で3層構造にしている日銀当座預金について、マクロ加算残高(ゼロ金利適用)を基礎残高(0.1%適用)に振り替える方が批判を浴びにくいとみる。

  世界的な金利低下を受け新発10年国債利回りは9月上旬にマイナス0.295%と約3年ぶり低水準をつけた。日銀は過度の金利低下を防ぐため国債買い入れを減額しているが、物価上昇率が2%を超えるまでマネー拡大方針を継続するという公約が足かせになり、減額も限界に近づいているとの見方が支配的だ。

長期金利の推移

  門間氏は、国債買い入れ減額と公約は両立せず、長期金利の制御を優先するなら「どこかで公約を見直すか、もう少し柔軟に解釈する必要がある」と言う。また、日銀は20年、30年金利の指針を示してないため、「緩やかなフロア(下限金利)を設定することは可能だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE