コンテンツにスキップする

ソフトバンクG孫氏の後継、投資先創業者が有力-SBI北尾氏が見解

  • 「自分と同じような人じゃないと無理と思っている」
  • 北尾氏はかつての孫氏の側近、後継者候補アローラ氏の退任も予測

ソフトバンクグループの孫正義社長(62)の後継者は、投資先の創業者が有力-。孫氏のかつての側近で、SBIホールディングスの北尾吉孝社長は分析する。

  北尾氏はインタビューで、無から有を生じる創業者とサラリーマンは「全然違う」と指摘。孫氏は後継者について「ベンチャー企業を自ら興して大成功に導けるような、自分と同じような人じゃないと無理と思っているのでは」と分析した。一方、優秀な創業者が孫氏の申し出を受けるかどうかは「別の話」だとも話した。

  孫氏の経営を支えるソフトバンクGの3人の副社長のうち、マルセロ・クラウレ氏は米国で携帯電話の卸売りを手掛けるブライトスターを創業した経験がある。ただ北尾氏は佐護勝紀氏、ラジーブ・ミスラ氏も含め、3人から後継者が選ばれることはないとみている。

Softbank Group Chairman Masayoshi Son Press Conference

さまざまな会社に投資する孫社長

9: SoftBank Group Corp. Chairman and CEO Masayoshi Son speaks during a press conference on May 9, 2019 in Tokyo, Japan. SoftBank Group announced its financial results for the fiscal year ended March 31, 2019 today. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images) Photographer: Tomohiro Ohsumi/Getty Images AsiaPac

  野村証券OBの北尾氏は、ソフトバンクGの常務などを務め、1990年代から2000年代初めには金融事業の責任者だった。孫社長がニケシュ・アローラ氏を後継者候補として指名した際には、「あまりにも早い」とした上で、候補が「また変わる」可能性があるとブログで予測。アローラ氏は2年足らずで退職した。

  孫氏は2月の会見で、69歳まで社長を続投し、その後も積極的に経営に関わる姿勢を示している。ただ北尾氏は孫氏も60歳代となり「後継者のことを考えないといけない状況になってきている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE