コンテンツにスキップする

ジョンソン氏「合意なくても荷物まとめ出て行く」-訴訟も準備か

更新日時
  • EUが首相の最終提案を受け入れるかどうかに関わらず離脱する方針
  • 離脱延期の要請避けるため首相は最高裁判断を求める意向だと英紙

ジョンソン英首相は6日、欧州連合(EU)が離脱に関する首相の「最終提案」を受け入れるかどうかにかかわらず、10月31日に英国をEUから離脱させる方針を明らかにした。

  ジョンソン首相は英大衆紙サンに寄稿し、「われわれは荷物をまとめて出て行くことになろう。EUが相互に受け入れ可能な合意の下でわれわれを陽気に見送るか、われわれが勝手に出て行かざるを得ないか、それだけの問題だ」と言明。首相官邸によれば、ジョンソン氏はフランスのマクロン大統領との電話会談でも、「英国が10月31日より後もEUにとどまるという誤った思い込みに陥るべきでない」と述べた。

U.K. PM Johnson Issues Brexit Ultimatum At Conservative Party Conference

ジョンソン英首相

  英国で先に成立した離脱延期法の規定によれば、19日までにEUとの新たな合意がまとまり議会が承認するか、「合意なき離脱」への議会の同意が得られない限り、英政府は離脱延期をEUに申請することが義務付けられる。

  首相官邸の高官は6日、英国内の反対派が「合意なき離脱」を阻止できるとEU首脳らが考えているとすれば、「歴史的な思い違い」になろうと語った。

  英紙テレグラフ(オンライン版)は6日、合意がなくとも今月末にEUから英国を確実に離脱させるため、首相は法的手段に訴える用意があると報じた。

  複数の政府関係者からの情報を同紙が引用したところでは、ジョンソン首相は離脱延期法の下でEUへの離脱延期の要請を余儀なくされる事態を避けるため、最高裁の判断を求める意向。判事らに働き掛けるため、首相が自ら法廷で証言に立つ可能性も出てくると同紙は指摘した。

  英議会では、離脱延期に拒否権を行使するよう他のEU加盟国にジョンソン氏が働き掛ける可能性も取り沙汰されている。

  マクロン仏大統領はジョンソン首相に対し、北アイルランドの和平プロセスおよび単一市場を守る原則に反しない合意が可能かどうか週末に判断されると述べたという。EU当局者によれば、英国との離脱交渉を担当するEUのバルニエ首席交渉官は欧州の大使らとの先週の非公式会合で、英政府が提示した離脱後のアイルランド国境の取り決めを巡る最新案について、合意の条件には程遠いと語った。

  ジョンソン首相のチームでEU離脱交渉を担当するデービッド・フロスト氏は、EUの行政執行機関である欧州委員会と協議を継続し、バークレイ英EU離脱担当相も3日間の日程でEU各国を歴訪する予定だ。一方、最大野党・労働党のコービン党首は、合意なき離脱を阻止する次の手段で合意を目指し、7日に野党の党首会談を開く。

原題:Brexit Deal Prospects Fade as Talks Stall, EU Signals Pessimism
Boris Johnson May Seek Court Ruling on No-Deal Brexit: Telegraph(抜粋)

(離脱延期に拒否権を行使するよう他の加盟国に働き掛ける可能性について追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE