コンテンツにスキップする

JPモルガンのバンカー、香港オフィス前でデモ隊に殴られる

  • 「中国本土へ帰れ!」とデモ隊が叫ぶと、行員は北京語で返す
  • JPモルガンは警備を強化、週末はオフィスを避けるよう行員に指示

香港で大手米銀、JPモルガン・チェースの行員が、オフィス前に集まっていたデモ隊の1人に暴力を振るわれた。香港のデモ活動は激しさを増しており、JPモルガンは警備強化を従業員に通知し、週末にはオフィスに近づかないよう指示した。  

  JPモルガンが従業員に宛てた内部文書によると、この行員は4日午後、「中国本土へ帰れ!」と叫ぶデモ隊やカメラを構えた集団に囲まれた。行員はこれに対し中国の標準語である北京語で、「われわれはみな中国人だ」と返し、ビルの中へ入ろうとしたところデモ隊の1人に顔面を殴られた。この様子を撮った動画がソーシャルメディアを通じて拡散している。内部文書では殴られた行員の氏名は明らかにされていない。映像からは何が争いの引き金となったのかは明らかではなく、JPモルガンの関連は示唆されていない。

  ブルームバーグが閲覧した社内文書によると、「全てのビルの警備を強化したことをあらためて通知する。香港の情勢を引き続き注視していく」と述べた。

  事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べたところによると、殴られた行員はプライベート部門のバンカーだ。JPモルガンの担当者はコメントを避けた。

原題:JPMorgan Banker Punched by Hong Kong Protester as Tensions Mount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE