コンテンツにスキップする

アップル、「iPhone 11」シリーズの生産引き上げ-報道

更新日時
iPhone 11 smartphone 

iPhone 11 smartphone 

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
iPhone 11 smartphone 
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルが9月に発売したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」新型3機種の生産台数を上方修正したことが分かった、と日本経済新聞電子版が4日午後に報じた。

  報道によると、2019年末までの生産台数を当初計画から1割程度増やす見通しで、日本や台湾の部品供給企業の複数の関係者が生産積み増しの要請を受けたことを明らかにしたという。

Apple Inc. iPhone 11 Goes On Sale In Stores

生産引き上げ報道のあったアイフォーン新シリーズ

Bloomberg

  「アイフォーン11」など3機種合計の年内生産台数を当初7000万-7200万台と見込んでいたが、昨年の発売機種に比べ価格を抑えたことで世界での販売が想定を上回り、最大で8000万台程度に達する見通しとも伝えた。日経報道について、アップル日本法人にブルームバーグは電話でコメントを求めたものの、回答は得られなかった。

  報道を受けて、アップルへの部品サプライヤーである村田製作所の株価が前日比一時2.9%高の5499円、アルプスアルパインも2.7%高の2105円、日本航空電子工業も2.9%高の1598円まで買われた。台湾市場でも鴻海精密工業が報道後に一時1%高まで上昇した。

4日の村田製作所株の日中足
(台湾の鴻海精密工業などアップル関連銘柄の株価情報を追記.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE