コンテンツにスキップする

ホワイトハウス、弾劾調査を正式なものとする下院採決要求へ

  • 4日以降にペロシ下院議長宛てに書簡を送付する見込みだと関係者
  • 文書提出と証言の要請を巡り見込まれる法廷闘争の下準備に
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: NICHOLAS KAMM/AFP
トランプ大統領
Photographer: NICHOLAS KAMM/AFP

ホワイトハウスは、下院が弾劾調査を正式なものとする採決を行わない限り、トランプ大統領と政権当局者らは議員が求めている文書提出と証言を無視できるとする書簡をペロシ下院議長に送付する見込みだ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  4日にも送付される可能性がある同書簡は、文書提出と証言の要請を巡って予想される法廷闘争の下準備となる見通し。また共和党が、激戦区の民主党議員に弾劾を正式なものとさせることで政治的メリットがあるとみている可能性も示唆する。

  ペロシ議長はこの日、マッカーシー下院共和党院内総務に対し、「下院の現行ルールは、下院委員会が弾劾調査を含め、管轄下のあらゆる問題の調査を行う権限を全面的に有するとしている」と述べていた。同議長は書簡で、「合衆国憲法と下院ルール、下院の慣例に照らしても、プロセス始動に先立ち下院本会議採決は義務付けられていない」と指摘した。

原題:Trump to Demand Vote Before Cooperation: Impeachment Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE