コンテンツにスキップする

香港、抗議活動参加者のマスク禁止へ-週末は激しい衝突必至か

更新日時
  • 97年の香港返還後初めて「緊急状況規則条例」を発動する見通し
  • デモ隊は既に覆面禁止法に反対する大規模な抗議活動呼び掛け

香港当局は4日、数カ月にわたる過激な抗議活動を抑えるため、1997年の中国への香港返還後初めて「緊急状況規則条例」を発動し、デモ参加者によるフェースマスク着用を禁止する見通しだ。

  香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が匿名の関係者を引用して報じたところによると、違反した場合は最高1年の懲役または2万5000香港ドル(約34万円)の罰金となる。

  当局はまた、抗議活動で増え続ける逮捕者に対応するための必要な人員を踏まえ、現在48時間とされている勾留期間を延長することを検討していると東方日報が伝えた。

People March In Downtown Hong Kong After Demonstrator Shot

銅鑼湾(コーズウェイベイ)で行われた抗議活動で手を上げながら歩く若者ら(2日)

  中国共産党機関紙、人民日報系環球時報の胡錫進編集長はツイッターで、カナダや米ニューヨーク州では類似の法律があると報告されているとした上で、欧米諸国は「有害なダブルスタンダード」を適用すべきではないとけん制した。

  胡編集長は「香港では覆面禁止法を求める声は強い」と指摘。「香港での過激な活動の大半は覆面をした暴徒によって行われていた」と記した。

  覆面禁止法は深夜にも発効する可能性があると、香港政府関係者1人を引用してSCMPが報じた。関係者の名前は明示していない。

大規模な抗議活動

  デモ隊は既に覆面禁止法に反対する大規模な抗議活動を呼び掛けており、強行すれば今週末に激しい衝突が起きる公算が大きい。

  林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官のオフィスに3日午後、報道についてコメントを得るため電話したが、報道官は同時点でコメントできないとした。

  SCMP紙によると、覆面禁止法の施行は難しく、権利が侵害されるとして法廷闘争に発展する可能性がある。匿名を条件に語ったある警察関係者は同紙に対し、今回の動きはさらなる混乱を招きかねないと指摘した。

原題:
Hong Kong Set to Ban Face Masks in Bid to Quell Months of Unrest、Hong Kong Anti-Mask Law May Come Into Force by Midnight: SCMP(抜粋)

(第6段落を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE