コンテンツにスキップする
Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

FRB、中小銀行の規制負担軽減の最終規則を10日に採決

  • 「テーラリング」ルールで銀行の規模と複雑さに応じた規制へ
  • ウォール街の大手金融機関には規制上最大級の圧力を維持
Birds fly past the Marriner S. Eccles Federal Reserve Board building in Washington, D.C.
Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)は、ウォール街の大手金融機関に対して規制上最大級の圧力を維持しつつ、中小銀行の規制負担軽減を図る最終規則を来週取りまとめる。

  「テーラリング」と呼ばれる銀行の規模や複雑さに応じた規制手法は、トランプ大統領に指名されたFRB理事にとって重要なイニシアチブの1つ。大手銀以外は2008年の金融危機後に導入された主要規則の負担の一部軽減を見込める。この取り組みは議会で昨年通過した法律によって推進されたもので、FRBは10日に最終規則の採決を行う予定。FRBが3日に明らかにした。

  新制度では各銀行を総資産だけでなく、高リスクの短期資金調達への依存度やオフバランスシート・エクスポージャーの規模、米国外での事業規模などに応じて分類する。

原題:
Fed to Finalize Rule Easing Burden for All but Wall Street Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE