コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長:米経済、消費者は全体的に良い状況

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は3日、ニューヨークでの会合で、FRB当局者が世界経済の減速などの状況を政策決定に織り込んでいると語った。

  同副議長はFRBが経済を維持するために「適切に行動」するだろうと発言。

  副議長は労働市場について「健全な状態」にあり、「過熱」の兆候はないと述べた。

原題:Fed’s Clarida: U.S. Economy, Consumers Generally in Good Place(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE