コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

若田部副総裁、低金利やマイナス金利長期化望まない-「出口」急がず

  • 大規模金融緩和を終わらせる「出口」に急いでいるという意味でない
  • 長期にわたりいつまでも低金利を維持することは望んでいない
The Bank of Japan (BOJ) headquarters stand in Tokyo, Japan, on Tuesday, July 16, 2019. The BOJ would offer support for a government spending package likely to be unveiled in October when a national sales tax is increased, according to a former central bank official.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本銀行の若田部昌澄副総裁は3日、ニューヨークでの講演後の質疑応答で、低金利やマイナス金利の長期化は望まないと語った。

  追加緩和に前向きなリフレ派として知られる若田部副総裁はジャパンソサエティーでの講演後、理想をいえば2%の物価目標を達成し、現在のマイナス金利政策をできるだけ早くやめたいが、それは大規模な金融緩和を終わらせる「出口」に急いでいるという意味ではないと発言。長期にわたりいつまでも低金利を維持することは望んでいないと述べた。

  若田部氏はまた、危機対応時の政策協調について、財政政策当局と金融政策当局が協力して状況に対処する必要があると指摘した。

関連記事
relates to 若田部副総裁、低金利やマイナス金利長期化望まない-「出口」急がず

原題:BOJ’s Wakatabe Wants to Get Out of Negative Rates as Soon as Can(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE