コンテンツにスキップする

WeWork経営陣、今月中に人員削減と従業員に語る

更新日時
  • 経営幹部は最近、削減が2000人になるとの見通し示す-関係者
  • 幹部は中核事業と顧客に重点を置くよう従業員に要請
WeWork To Adjust Corporate Governance, Valuation Ahead Of IPO
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America
WeWork To Adjust Corporate Governance, Valuation Ahead Of IPO
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America

シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークの経営陣は3日、人員削減が今月中にも行われることを明らかにした。

  共同最高経営責任者(CEO)であるアーティー・ミンソン、セバスチャン・ガニンハム両氏と共同創業者ミゲル・マッケルビー氏が従業員との会合で、経費カットの取り組みに人員削減が含まれると述べた。会合が非公開であることを理由に出席者が匿名を条件に語った。出席者によると、経営陣の1人は人員減について、できるだけ「人間的に」実施されると発言したという。

Inside The South By Southwest (SXSW) Interactive Festival

ミゲル・マッケルビー氏

  ブルームバーグは先週、ウィーワークの親会社ウィー・カンパニーが人員減を検討しており、削減が千人単位となる可能性があると伝えていた。経営幹部は最近、分離される公算がある事業部門を含めて、削減が約2000人になるとの見通しを示したと、協議に詳しい関係者が明らかにした。これは6月末時点の同社従業員1万2500人の16%に当たる。協議は進行中で、数字が変更される可能性もある。

  ウィーワークの担当者はコメントを控えた。

  ミンソン共同CEOは会合で、同社をここ数週間動揺させている不確実性について従業員に謝罪した。会合はウィーワークのマンハッタン本社で行われ、全従業員にライブ配信された。

  経営幹部は顧客とテナントがウィーワークのサービスになお関心があると述べ、中核事業と顧客に重点を置くよう要請した。また、出席者によれば、幹部はウィーワークの成長継続を見込んでいるものの、そのペースが鈍化すると予想しているほか、事業「規模を適正化」する取り組みの一環として、一部事業の売却も行う計画だと説明した。

原題:WeWork Bosses Tell Employees Job Cuts Are Coming This Month (2)(抜粋)

(3段落目以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE