コンテンツにスキップする

ユーロ圏見通しは下方に傾斜、財政政策必要-デギンドスECB副総裁

  • 金融政策を最大限に活用し続けながら、ポリシーミックスを用いる
  • 悪循環から抜け出すことがいかに困難になり得るかを示す教訓が日本

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は3日、ユーロ圏経済の見通しは下方向に傾斜しており、景気を支えるため財政政策が必要だとの認識を示した。

  同副総裁はマドリードでのイベントで講演し、「ユーロ圏における経済活動の水準は残念なほど低いままだ」と述べた。その上で、「金融政策を最大限に活用し続けながら、ポリシーミックスを用いることでユーロ圏を安定化させる政策が持つ効果を強化し、財政安定化政策の実質的な役割を高めることが最も重要」だと指摘した。

  世界的な金利低下が課題をもたらすとし、「政策金利は歴史的基準で見た場合の低水準が続く公算が大きく、過去と比べより頻繁に下限を探ろうとするだろう」と話した。悪循環から抜け出すことがいかに困難になり得るかを示す教訓が日本だとも語った。

  その後、デギンドス副総裁は全体的なインフレ率と賃金上昇率が同じようなペースの伸びになっていないという事実は「われわれにとっての驚き」だと発言。低金利環境が銀行に影響していることは否定しないが、構造的な要因もあるとの見方を示した。

原題:ECB’s Guindos Says Euro-Area Risk Outlook Tilted to Downside、ECB Guindos Surprised By Decoupling of Headline, Wage Inflation (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE