コンテンツにスキップする

米国はインドとの貿易協定にオープン-ロス商務長官

  • 米国は中国と幾つかの重大な構造的問題を抱えている
  • ニューデリーでのWEFインド経済サミットで発言した

ロス米商務長官は3日、インドとの貿易協定に米国はオープンであり、両国間に合意を迅速に結ぶことのできない構造的な理由はないとの認識を示した。

  同長官はニューデリーでの「インド経済サミット」で、米国は貿易赤字だけに焦点を絞っているわけではなく、全体的な貿易を重視していると述べた。同サミットは世界経済フォーラム(WEF)が開催した。

  ロス長官は中国にも触れ、不公平な貿易慣行は避けるべきだと指摘。米国は中国と幾つかの重大な構造的問題を抱えていると語った上で、中国は対米貿易収支を適正とするために構造改革を行う必要があると主張した。 

  また中国の通信メーカーに本物のセキュリティーリスクがあると米国は考えているとも発言。第5世代(5G)移動通信規格は重要だが、そこに真のセキュリティーリスクがあると話した。その上で、インドは中国通信機器メーカーのセキュリティーリスクにさらされてはならないと呼び掛けた。

原題:
Ross Says U.S. Open to Trade Deal With India(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE