コンテンツにスキップする

ウォルマート、従業員向けの新たなヘルスケア制度発表-1月から実施

  • 従業員に厳選した地元の医師を紹介したり、遠隔医療制度を拡充
  • 米従業員を不当に扱っていると批判されてきた

ウォルマートは来年、一部の従業員を対象にさまざまな新しいヘルスケア制度を試験的に導入する。自社の経費を抑制しながら、提供するヘルスケアの利便性や質を高めることを目指す。

  3日の発表資料によると、従業員数が米最大の民間企業であるウォルマートはデータ分析会社を起用し、従業員に厳選した地元の医師を紹介したり、遠隔医療プログラムを拡充する。またノースカロライナとサウスカロライナ州では連絡窓口としてヘルスケアの「コンシェルジュ」を設ける。こうした措置は来年1月から実施される。

  米従業員を不当に扱っていると何年も批判されてきたウォルマートは福利厚生の充実を図っており、今回もその一例だ。こうした動きには育児休暇の拡充や服装規定の緩和などが含まれる。

原題:
Walmart Rolls Out Slew of New Health-Care Benefits for Employees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE