コンテンツにスキップする

アップル、iPhoneのデフォルトに自社アプリ-米議会が疑問視

Key Speakers At The Apple Worldwide Developers Conference (WWDC)
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Key Speakers At The Apple Worldwide Developers Conference (WWDC)
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

消費者が今後数週間に最新の「iPhone(アイフォーン)」を初めて起動する時、米アップルの多数の自社アプリが既にインストールされ、デフォルトのプログラムに設定されていることに気付くだろう。

  こうした優位な立場を他社のソフトウエアは利用できないため、一部の開発者は競争するのが困難となっており、テクノロジー業界の反トラスト(独占禁止)法違反の可能性を調査している米議員の注意を引いている。

The Rise of Apple Default Apps

Company's in-house apps proliferate alongside third-party software

Source: Apple, Bloomberg

 アップルのインストール済みアプリが増えるに伴い、この問題はさらに目につくようになった。アイフォーンのインストール済みアプリの数は2007年時点では17だったが、現在は38。アップルは08年に「アップストア」を立ち上げて以来、サードパーティーのアプリをアイフォーンのデフォルトのオプションとして設定できないようにしている。基本ソフト(OS)として「アンドロイド」、「ウインドウズ」、アップル自身の「macOS」を採用したスマートフォンやコンピューターではこうしたことはない。

  反トラスト調査を行っている下院司法委員会は最近、アップルにアイフォーンのデフォルトアプリに関する説明を求める文書を送付した。議員らはアイフォーンユーザーがウェブブラウザー、地図、メール、音楽などのカテゴリーでアップル以外のアプリをデフォルトとして設定できるかについて同社方針の説明を求めている。

  アップルは、新型アイフォーンに自社のデフォルトアプリが搭載されてるのは、シームレスなユーザー体験を実現するとともに、性能やバッテリー寿命、セキュリティー、プライバシーを向上させるためだと説明。また、アップストアで「顧客は数百万のアプリからアイフォーンをさらに強化するアプリを選ぶことができる」と広報担当者が文書でコメントした。

Apple's App History

Apple has more than doubled its bundled apps since the first iPhone's debut

Source: Apple, Bloomberg

Note: Some apps are iPad-exclusive. Apple also installs other apps like Pages and Garageband, and its own Apple Store app, on some devices. It also used to make its own versions of Google apps like YouTube and Google Maps. Some apps were also on App Store before becoming pre-installed.

原題:
Apple’s Default Apps Give It Growing Edge Over App Store Rivals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE