コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数:9月は減速、予想下回る-前月も下方修正

ADPリサーチ・インスティテュートが発表した9月の米民間雇用者数は、市場予想を下回る伸びにとどまった。前月は下方修正された。製造業活動の縮小や、世界経済のぜい弱な見通し、中国との長引く貿易戦争が人材採用の決定に徐々に影響を及ぼしていることが示唆された。

キーポイント
  • 民間雇用者数は13万5000人増-3カ月ぶりの低い伸び
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は14万人増
    • 前月は15万7000人増(速報値19万5000人増)に下方修正
U.S. companies are hiring at a slower pace

詳細

  • 製造業セクターの不振がセクター外の労働市場に波及し始めていないか見極めるため、エコノミストやアナリストは雇用のデータを注視している
  • 財生産部門の雇用は8000人増
  • サービス業の雇用は12万7000人増
  • 小規模企業の雇用は3万人増。大企業は6万7000人増

エコノミストの見解

ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏:

  • 「企業は人員採用に関して慎重な姿勢を強めている」
  • 「中小企業は特に及び腰だ。企業がさらに雇用を控えれば、失業率は上昇し始めるだろう」
  • ムーディーズはADPと共同で集計調査を行っている

原題:
ADP Report Shows Payrolls at U.S. Employers Cooled in September(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE