コンテンツにスキップする

米国務省、北朝鮮に「挑発を控える」よう求める-報道官

米国務省は北朝鮮に「挑発を控える」よう求めた。プール取材に応じた同省の報道官が明らかにした。北朝鮮が日本海に向け2日発射した飛翔体について、韓国軍合同参謀本部は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)だった可能性があるとしている。

  同報道官によれば、米国は北朝鮮に対し「国連安全保障理事会の決議に基づく義務を順守し、朝鮮半島の安定と平和を確実にし非核化を達成する責任を果たすため実質的かつ継続的な交渉に関与し続ける」よう促した。

原題:
U.S. State Dept. Asks North Korea to ‘Refrain From Provocations’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE