コンテンツにスキップする

ファーウェイ、オックスフォード大研究の商業化ファンドに出資-FT

  • オランダ子会社がOSIの株式、約0.7%を取得
  • OSI傘下企業やその基盤技術への優先ないし特別アクセス権はない
Huawei Technologies Co. Unveil The Mate 30 Smart Phone
Photographer: Michaela Handrek-Rehle/Bloomberg
Huawei Technologies Co. Unveil The Mate 30 Smart Phone
Photographer: Michaela Handrek-Rehle/Bloomberg

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)のオランダ子会社が、オックスフォード大学での研究の商業化を手掛けるオックスフォード・サイエンシズ・イノベーション(OSI)の株式410万株を買収した。7月に提出された届け出を引用し、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

  FTによると、ファーウェイはOSIの株式約0.7%を取得した。投資は公表されておらず、OSIのウェブサイトにもファーウェイの記載はない。

  ファーウェイはOSIの少数株主だが、OSI傘下の企業やその基盤技術への優先ないし特別アクセス権はないという。FTによれば、OSIは大学からのスピンオフ(分離・独立)に特化する世界最大のファンドだ。

原題:Huawei Buys Stake in Oxford Sciences Innovation Fund: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE