コンテンツにスキップする

豪銀NAB、新たに12億豪ドルを費用計上-不正行為巡る補償などで

  • 8億3200万豪ドルが顧客への補償、3億4800万豪ドルが減損処理
  • 費用計上に伴い4-9月利益は11億2000万豪ドル目減りする見通し

ナショナルオーストラリア銀行(NAB)は2日、テクノロジー関関連の評価損や不正行為を巡る顧客への補償で、新たに12億豪ドル(約870億円)を費用計上したと発表した。その上で、追加計上もあり得ると警告している。

  フィリップ・クロニカン最高経営責任者(CEO)代行は発表資料で、「当行はこれまでに顧客関連の補償でさらなる引当金が見込まれると指摘していたが、実際の規模はかなりのものとなった」と説明。「株主が失望するのは当然だと理解している」と指摘した。

  計上された費用のうち、8億3200万豪ドルは主にファイナンシャルアドバイザーに支払った手数料とジャンク保険商品の販売を巡る顧客への補償向けで、3億4800万豪ドルはソフトウエアの減損処理に関連している。

  NABによると、今回の費用計上に伴い4-9月(下期)の利益が11億2000万豪ドル目減りする見通しだという。

原題:
National Australia Bank Takes A$1.2 Billion Misconduct Charge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE