コンテンツにスキップする

ジョンソン首相、離脱最終案を2日送付-延期求めず「期限11日」

更新日時
  • 協議に前向きに応じない場合「合意なき離脱」になると警告する方針
  • 「いかなる状況下でも離脱延期の交渉を行うことはない」と官邸
ジョンソン英首相

ジョンソン英首相

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
ジョンソン英首相
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ジョンソン英首相は、欧州連合(EU)離脱に関する最終提案を2日にEU側に送り、EU当局が協議に前向きに応じない場合は、話し合いの席を立ち、合意がないまま英国をEUから離脱させると警告する方針だ。提示した条件で9日以内に折り合いをつけるか、そうでなければ「合意なき離脱」に直面するか、EUに最後通告を突き付ける。

Day Two Of The Conservative Party Annual Conference

ジョンソン英首相

  英首相官邸は1日、与党保守党がイングランドのマンチェスターで開催中の年次党大会で、2日に予定する演説のために準備されたテキストの抜粋を公表した。「いかなる状況の下でも首相が離脱延期を交渉することはないだろう」と官邸は説明した。

  ジョンソン首相は1日付の英大衆紙サンとのインタビューで、EU首脳会議(17、18日開催)の議題が設定される11日までに合意をまとめる必要があると発言。「10日あれば十分なはずだ。まとめるべき合意が存在すれば、その時間内でまとめることは可能だろう」と述べ、合意を成立させる事実上の期限を11日に設定した。

  1日付の英紙テレグラフによれば、首相は2日、EUの行政執行機関である欧州委員会に対し、アイルランド国境のハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証する「バックストップ(安全策)」条項の代案の詳細を提示する見通し。

  同紙によると、「4年間は2つの国境」と呼ばれる提案の下で、英領北アイルランドは英国と共にEUとの関税同盟から2021年の移行期間終了時に離脱するが、農産品と工業製品については全ての単一市場ルールに沿った規制に4年間とどまる。

  アイリッシュ海を挟み英国と英領北アイルランドとの国境規制、北アイルランドとアイルランドとの南北の税関検査という「2つの国境」を基本的に設けるもので、事情に詳しい関係者は同紙に対し、「英国と北アイルランドの間を往来する物品の流れを申告する必要があるほか、北アイルランドとアイルランドの南北間で新たな国境の管理を行うことを意味する」と指摘した。

  テレグラフ紙によると、4年の期間が終了した後は、北アイルランド議会がEU基準に沿った規制にとどまるか、英国の規制に従うか選択できるという。

  アイルランドのコーブニー外相は1日のヴァージン・メディアとのインタビューで、行き詰まり打開に向けたジョンソン首相の提案を伝える報道について、それが正確なら「気掛かりで憂慮すべき」だとの認識を示した。アイルランド政府は英首相の提案をまだ見ていないとしながらも、「合意の基礎になりそうにない。それは確かだ」と語った。

  英国で先に成立した離脱延期法は、19日までにEUとの新たな合意がまとまり議会が承認するか、合意なき離脱への議会の同意が得られない限り、離脱延期をEUに申請することを首相に義務付けている。EUとの合意が成立せず、離脱延期も要請しない場合、ジョンソン氏は議員らと法廷で恐らく争うことになり、首相の座を追われる恐れもある。

原題:Boris Johnson Issues Ultimatum as EU Balks at His Brexit Plan
Johnson to Make His ’Final’ Brexit Offer: My Deal or No Deal
Johnson Says 10 Days Should Be Enough to Broker Brexit Deal: Sun
Johnson’s Brexit Plan Includes 2 Borders for 4 Years: Telegraph
Leaked U.K. Plans Don’t Look Like Basis for Deal, Irish Say(抜粋)

(EUとの合意が得られない場合の見通しなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE