コンテンツにスキップする

EU、英離脱のバックストップ措置に期限設定を検討する用意-関係者

欧州連合(EU)加盟各国の政府は、英国の離脱問題で争点となっているアイルランド国境のバックストップ(安全策)メカニズムについて、時限措置とする可能性を議論した。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。実現するなら、英国に大きな譲歩を行うことになる。

  この報道を受けてポンドは対ドルで一時0.4%上昇し、日中高値を付けた。

  EUはこれまで長い間、バックストップの期限設定は問題外だとし、可能性を否定してきた。だが、英国が英領北アイルランドをEUの関税同盟にとどめるバックストップを受け入れる場合に限り、期限を設ける提案をすることになるという。

  ジョンソン首相は週内に自らの離脱案を表明する計画だが、バックストップを決して受け入れないとの姿勢をこれまでとっている。

  同関係者によれば、EUによるバックストップの期限設定には北アイルランド議会の意向も無視できない可能性がある。また、期限設定の譲歩はアイルランド政府の容認も必要となるが、EU外交筋はアイルランドのバラッカー首相がこれを受け入れる可能性は低いとの見方を示した。

relates to EU、英離脱のバックストップ措置に期限設定を検討する用意-関係者

原題:EU Ready to Consider Time Limit on Irish Backstop in Brexit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE