コンテンツにスキップする

米ISM製造業指数:活動さらに縮小、10年ぶり低水準-雇用低迷

更新日時

米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業総合景況指数は、市場の予想外に一段の活動縮小を示し、前回のリセッション(景気後退)終了以降で最低の水準となった。世界的な景気減速や米中の貿易戦争が製造業セクターをますます圧迫している。

キーポイント
  • ISM製造業総合景況指数は47.8に低下-2009年6月以来の低水準
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は50
    • 前月は49.1
  • 同指数は50を下回ると、製造業活動の縮小を示す
  • 生産指数は47.3-10年ぶり低水準
  • 雇用指数は46.3(前月47.4)-2016年1月以来の低い水準
U.S. gauge falls to 10-year low as sector's contraction deepens

背景

  • 総合指数が50を下回るのはこれで2カ月連続。約1年前に記録した14年ぶり高水準から、下げ幅を拡大した。米金融当局に追加利下げを求める声が強まる可能性も

詳細

  • 新規受注は47.3に小幅上昇-前月(47.2)は今の景気拡大が始まって以降の最低水準と並んでいた
  • 在庫指数は46.9に低下-2016年後半以来の低水準
  • 海外需要の指標となる輸出受注は41に低下-2009年3月以来の低水準
  • 輸入指数は48.1-縮小圏にとどまる
  • 仕入価格指数は49.7-引き続き50を下回り、インフレ圧力の抑制を示唆
  • 受注残は45.1に低下
  • 顧客在庫は45.5に上昇
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:U.S. Factory Gauge Hits 10-Year Low as Employment Wobbles (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE