コンテンツにスキップする

日本のヘッジ付外債投資拡大、最高のリターンはイタリアとポルトガル

GPIF President Norihiro Takahashi Reports Investment Results
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
GPIF President Norihiro Takahashi Reports Investment Results
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

5月末から急上昇を続けているイタリア債が、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用計画変更で一段と押し上げられる可能性がある。GPIFは為替差損の回避措置(ヘッジ)を講じた外国債券を、国内債の資産構成割合に算入できるようにすることを決定した。

  この決定でGPIFには外国債券を1兆3000億円追加購入できる余地が生じることになる。世界の市場で円ベースで為替調整後のリターンが最も大きい債券はイタリア、ポルトガル、スペインだ。

FX-Hedged Returns

  ポルトガルとイタリアの信用格付けは同等だが、イタリア債の市場の方がはるかに大きいため、日本からの投資を吸収する能力も大きい(2つの市場を比較した記事はこちら)。ただ、1日は日本国債の入札が2016年以降で最も低調だったことを受けて世界的に債券安となり、イタリア債利回りも上昇している。

原題:Italy, Portugal Offer Highest Hedged Returns for Yen Investors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE