コンテンツにスキップする

北朝鮮は核放棄せず-ボルトン前補佐官がトランプ氏と異なる主張展開

  • 圧力を強化しなければ金正恩委員長が核放棄することは決してない
  • 北朝鮮への軍事力行使を検討する必要性も指摘

ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)は9月30日、米国は北朝鮮が非核化に向けて前進していると評価するわけには断じていかないと指摘した上で、圧力を強化しなければ金正恩朝鮮労働党委員長が核を放棄することは決してないとの見方を示した。

  ボルトン氏はワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で講演し、トランプ米大統領やポンペオ国務長官の主張とは対照的に、金委員長は今後も制裁緩和を強く求める一方で、核開発プログラムをやめないと分析。米国は北朝鮮に対する軍事力行使を検討する必要がある状況に置かれていると論じた。9月の補佐官解任以降、同氏が公の場で話すのは初めて。

Former National Security Advisor John Bolton Delivers Keynote Address At CSIS Forum

ボルトン前米大統領補佐官(9月30日、ワシントンで)

Photographer: Win McNamee/Getty Images

  ボルトン前補佐官は「北朝鮮が核兵器を放棄する戦略的な決断を下していないのは明らかだろう」と指摘。「金委員長の戦略的判断は標的に到達可能な核兵器能力を維持し、開発を進め、それをさらに向上させるためなら何でもするということだ」と述べた。

  ボルトン氏は核実験や長距離ミサイル試射がしばらく行われていない一因について、「北朝鮮は実験が終了し、核弾頭や長距離弾道ミサイルの製造が可能だと良くも悪くも判断したためだ」とし、「これは明るい兆しではなく、懸念すべき兆候だ」と語った。

原題:
Bolton Rejects Trump’s Claims of Success on North Korea Nukes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE