コンテンツにスキップする

マスク氏、スペースXの次世代宇宙船「スターシップ」計画を発表

  • 「空の旅のように宇宙旅行」をするのが目標だとマスク氏が表明
  • いずれは火星への有人飛行の実現を目指すも、計画遅延相次ぐ
SpaceX illustration of Starship flying past Saturn
SpaceX illustration of Starship flying past Saturn Photographer: SpaceX/Bloomberg
SpaceX illustration of Starship flying past Saturn
Photographer: SpaceX/Bloomberg

宇宙ベンチャー企業の米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)を率いるイーロン・マスク氏は9月28日、次世代宇宙船「スターシップ」計画の概要を公表した。いずれはこの宇宙船を使って火星への有人飛行を実現しようと考えている。

  テキサス州ブラウンズビル近くのボカチカ試験場からの極めて技術的なプレゼンテーションで、壇上のマスク氏は「空の旅のように宇宙旅行」をするのが目標だと説明。「当社は物理的に可能なことの最先端にある」と語った。

  非公開企業のスペースXは現在、米航空宇宙局(NASA)や商業衛星運営業者、米軍などの顧客のために、ロケット「ファルコン9」とより強力な「ファルコンヘビー」を飛ばしている。NASAは「コマーシャル・クルー・プログラム」を通じ、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を運ぶためボーイングとスペースXと契約を結んだ。ただ、プログラムのスケジュールは何度もずれ込み、両社とも最初の宇宙飛行士を年内に飛ばせる可能性は低そうだ。

  NASAのブライデンスタイン長官は27日のツイートで、プログラムは予定より何年も遅れていると指摘。これに対し、マスク氏は宇宙ジャーナリストとの質疑応答の中で、「リソースの観点から見て、当社が焦点を絞っているのは圧倒的にファルコンやドラゴンだ。スペースシップに投じたのはごく一部にすぎないことを明確にしたい」と反論した。

原題:
Elon Musk Unveils Plan for SpaceX’s Mars ‘Starship’ Rocket (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE