コンテンツにスキップする

豪中銀0.25ポイント利下げ、過去最低0.75%-必要なら追加も

更新日時
  • 金利の下限が意識され、非伝統的手段の導入観測が高まる可能性
  • 「必要ならさらに金融政策を緩和する用意がある」と中銀声明

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は1日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を0.25ポイント引き下げ、過去最低の0.75%とすることを決定した。多くの外的リスクの経済への影響を和らげる狙いから今年3回目となる利下げに動いた。

  ブルームバーグが調査したエコノミストの多くが0.25ポイントの利下げを予想していた。ロウ総裁を中心とする政策委員会が今回1%を下回る水準まで政策金利を引き下げたことで、金利の下限が意識され、非伝統的な政策手段の導入観測が高まることも予想される。他の国・地域が利下げする中で金利を据え置いた場合に下落傾向にある豪ドルが上昇に転じるような状況を防ぐ意図もありそうだ。

  ロウ総裁は声明で、「政策委は労働市場を含む動きを引き続き注視し、経済の持続可能な成長、完全雇用、経時的なインフレ目標の達成を支えるために必要なら、さらに金融政策を緩和する用意がある」と表明。「世界的な金利低下のトレンドを招く諸要因、この傾向が豪経済とインフレ動向に及ぼす影響も考慮した」と説明した。

  豪ドルは下落し、シドニー時間午後2時56分(日本時間同1時56分)現在、1豪ドル=0.6728米ドル。

Unemployment rate isn't going the RBA's way

  0.75%というキャッシュレートはロウ総裁とデベル副総裁が0.25-0.5%前後と推定する同レートの下限に近い。2人はこれまで現行の金融刺激策の効果を見守っており、債券購入や他の非伝統的手段に頼らざるを得なくなるとは予想していないと述べていた。

  求人サイトを運営するインディードのエコノミスト、カラム・ピカリング氏は「豪中銀は来年の早い時期に再び利下げする可能性が高い。中銀当局者は量的緩和を積極的に議論する状況ではないが、キャッシュレートが0%に近づけば近づくほど、可能性は現実味を増す」と指摘した。

原題:Australia Cuts Key Rate as Global Threats, Unemployment Rise(抜粋)

(3段落目以降に声明の内容や豪ドル相場を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE