コンテンツにスキップする

米下院情報特別委、ジュリアーニ氏に召喚状-ウクライナ疑惑巡り

  • 召喚状での資料提出期限は今月15日、大統領の弾劾調査加速
  • ジュリアーニ氏はテキストメッセージや通話記録など保有という

トランプ米大統領に対する下院民主党主導の弾劾調査が加速する中、下院情報特別委員会は9月30日、大統領の個人弁護士、ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長に召喚状を送付し、資料の提出を求めたことを明らかにした。

  情報特別委を含む下院の3委員会は、ウクライナ政府へのバイデン前米副大統領の調査要請に関するテキストメッセージや通話記録などを持っているとジュリアーニ氏が主張していると説明した。資料の提出期限は今月15日とした。

  シフ情報特別委員長は書簡でジュリアーニ氏に対し、「われわれの調査には、大統領府の権限乱用により大統領個人の政治的利益を増進させようとする計画であなたが大統領の代理人の役割を果たしたという信頼に足る疑惑の調査が含まれる」と記した。

原題:Giuliani Subpoenaed by House for Documents: Impeachment Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE