コンテンツにスキップする
Photographer: Dean Hutton

ブラックストーン、59億ドルでコロニーの倉庫買収へ-需要拡大を予想

Wrapped packages of paper cellulose sheets sit in a warehouse ahead of distribution at the Ngodwana wood mill, operated by Sappi Ltd., the world's biggest producer of dissolving wood pulp, in Mpumalanga, South Africa, on Wednesday, June 18, 2014. Sappi is increasing its focus on dissolving pulp, used to make luxury clothing, sportswear and pharmaceuticals, as the product carries a higher profit margin than paper.
Photographer: Dean Hutton

米投資会社ブラックストーン・グループは、資産運用会社コロニー・キャピタルの倉庫部門コロニー・インダストリアルを59億ドル(約6380億円)で買収することで同社と合意した。ブラックストーンが2010年以降に取得してきた物流スペースは、10億平方フィート(約92平方キロメートル)を超える。物流のラストマイル(最後の区間)とされる不動産の需要が、電子商取引の拡大で世界的に増加すると見込んでいる。

  30日の発表資料によれば、今回の取引には全米465棟に及ぶ軽工業ビルの倉庫スペース、合計約6000万平方フィートと、その営業プラットフォームが含まれる。コロニー・インダストリアルが保有する不動産は大半が物流網におけるラストマイルの役割を果たしており、消費者への迅速な配送を目指す企業にとって極めて重要になっている。

  買収は10-12月(第4四半期)に完了する見通し。今回の買収については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)がこの日先に報じていた。

原題:
Blackstone Extending Warehouse Bet in $5.9 Billion Colony Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE