コンテンツにスキップする

クレディS、内偵疑惑巡り30日の取締役会で幹部処遇を決定-関係者

  • イクバル・カーン氏への内偵疑惑巡りローナー会長が幹部処遇決定へ
  • 調査担当者はティアムCEOの側近ブエCOOの役割に注目

スイスの銀行、クレディ・スイス・グループのウルス・ローナー会長は、ウェルスマネジメント部門の元責任者イクバル・カーン氏に対する内偵疑惑を巡り、関与が認められた場合の幹部の処遇について30日の取締役会で決定する方針だと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  カーン氏に対する内偵は同氏がUBSグループへの移籍を決定した後に行われたとされている。関係者によると、ローナー会長は誰が内偵を指示し、把握していたかに加え、規定違反があったかどうかを決定する。

  クレディ・スイスの調査担当者は取締役会を控え、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の長期にわたる側近であるピエールオリビエ・ブエ最高執行責任者(COO)の役割に注目している。関係者によれば、他に誰が内偵を承認した可能性があるかは不明だが、主要株主が上級幹部への支持を表明したことから、取締役会はティアムCEOを留任させる方向に傾いているという。

原題:Spies and Threats Set Stage for Big Credit Suisse Decision (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE