コンテンツにスキップする

バイデン陣営、ジュリアーニ氏をTV出演させないようメディアに要請

  • バイデン氏には守られて当然との権利意識ある-ジュリアーニ氏
  • ジュリアーニ氏は「必死にうそ」をついているとバイデン陣営

バイデン前米副大統領の陣営は29日、米メディアに対し、トランプ大統領の個人弁護士、ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長をテレビ出演させないよう要請した。これに対し、ジュリアーニ氏はツイッター投稿で、バイデン氏は傲慢(ごうまん)であり、自分を黙らすよう「要求」する権利があると考えていると指摘した。

  さまざまなメディアに送付された書簡でバイデン氏陣営のアニタ・ダン、ケート・ベディングフィールド両氏は、ジュリアーニ氏は「ますます、たがが外れた」ようにテレビ番組に頻繁に出演しており、バイデン氏とその息子に関して「必死にうそ」をちりばめて語っていると主張。バイデン氏の息子の仕事に関するジュリアーニ氏のコメントと、バイデン氏が息子を守るためにウクライナ問題に介入したという見解には根拠がないとした。

  これを受けてジュリアーニ氏は29日夜のツイートで、「バイデン氏の傲慢さと、守られて当然だという権利意識を考えてみたまえ」とし、「彼らは自分たちに不利な事実を私が握っていることを知っている」と指摘した。

原題:Giuliani Lashes Out as Biden Camp Demands He Be Dumped From TV(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE