コンテンツにスキップする

ブリストルのオプジーボ・ヤーボイ、化学療法との比較でさえない結果

  • 非小細胞肺がん患者の生存期間、化学療法を2カ月程度上回る結果
  • 競合する米メルク「キイトルーダ」が高いハードルに-キャンターF

米製薬会社ブリストル・マイヤーズスクイブの主力のがん治療薬が肺がん患者を対象とする臨床試験でさえない結果を示した。競争の激しいがん免疫治療薬市場での後退と投資家に受け止められる可能性がある。

  進行性非小細胞肺がん患者を対象に、「オプジーボ」と低用量「ヤーボイ」の併用療法を化学療法と比較した試験では、生存期間が併用療法で平均17.1カ月、化学療法では14.9カ月だった。

  免疫療法薬の市場でブリストルの主要な競合相手である米メルクの「キイトルーダ」は、肺がん治療の領域でトップにあり、年間売上高が100億ドル(約1兆800億円)に達する勢いだ。

  キャンター・フィッツジェラルドのアナリスト、ルイーズ・チェン氏は今回のデータが公表される前の投資家向けリポートで、非小細胞肺がんの領域でブリストルのオプジーボ・ヤーボイ併用療法が競争するのを「困難にするほど高いハードルをキイトルーダは設定した」と指摘していた。

  ブリストルでがん治療薬開発の責任者を務めるフアド・ナモウニ氏は、非小細胞肺がんの領域でがん免疫療法の2剤療法が「全生存期間(OS)で化学療法を上回る」結果を示したのは今回が初めてだと指摘したが、生存期間は化学療法より約2カ月長かったにすぎない。

  試験結果はバルセロナで開幕した欧州臨床腫瘍学会(ESMO)会議で28日に発表された。

原題:Bristol-Myers Cancer Combo Has Tepid Result Against Chemotherapy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE