コンテンツにスキップする

ソニーとディズニー、「スパイダーマン」巡る対立に終止符

  • 映画「スパイダーマン」の次回作を共同製作することで合意
  • 映画の利益25%がディズニーに、従来は最大50%要求と関係者

ソニーの映画部門ソニー・ピクチャーズと米ウォルト・ディズニー傘下のマーベル部門はハリウッドを揺るがした対立から一転、関係を修復しつつある。

  両社は映画「スパイダーマン」の次回作を共同製作することで合意し、業界最大のヒット作の1つである同シリーズの未来を曇らせていた対立に終止符を打った。事情に詳しい関係者1人によれば、今回の合意により、映画が生み出す利益の25%がディズニーに分配されることになった。条件が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところでは、同社はこれまで最大50%のシェアを求めていた。

  両社の27日の発表によれば、合意の一環として、スパイダーマンは今後のマーベル・スタジオの映画にも登場するという。

relates to ソニーとディズニー、「スパイダーマン」巡る対立に終止符

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

  両社はこれまでパートナーシップの新たな条件について合意できず、先月には対立が報じられていた。スパイダーマンはマーベルのスーパーヒーローだが、ディズニーが2009年にマーベル・エンターテインメントを40億ドル(現在のレートで約4300億円)で買収する以前に、ソニーがキャラクターの権利を取得している。

原題:Sony Makes Peace With Disney Over ‘Spider-Man’ Partnership (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE