コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

マイクロン株、2015年6月以来の大幅安-利益見通しに失望感

  • 一時11.7%安-6月以降の大幅上昇で利益確定売りとの指摘も
  • 「厄介な底だが、底であることは変わらない」とクレディ・スイス
Micron Technology
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

27日の米株式市場で半導体メモリーメーカー、マイクロン・テクノロジーの株価が急落した。9-11月(第1四半期)の利益と利益率の見通しがアナリストの予想を下回ったことが嫌気された。サンジェイ・メロートラ最高経営責任者(CEO)は世界的な貿易摩擦が同社の事業に影響を及ぼしていると指摘した。

  CEOの慎重な発言にもかかわらず、多くのアナリストはメモリー市場には底入れの兆しが見られるとし、マイクロンが最悪期を脱したもようだとしている。

  クレディ・スイスは「厄介な底だが、底であることは変わらない」と指摘。バークレイズは、マイクロンの6-8月(第4四半期)業績は「回復への完璧な出発点」ではないが、メモリー市場が「より良い状況に向かっているもよう」であることを示唆していると分析した。

  マイクロン株は11.1%安で終了し、終値ベースで2015年6月以来の大幅下落となった。一時は11.7%安まで下落した。今年6月の安値から9月26日の終値までは50%近く上昇していた。ローゼンブラット・セキュリティーズは今回の下げについて、最近の上昇後の利益確定売りが原因だろうと分析、投資家はこの機会を利用して安値を拾うべきだと指摘した。

Stock had its biggest percentage drop in a year

  フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は一時3.1%安となった。他の半導体銘柄ではアプライド・マテリアルズが一時5.8%安、 ラムリサーチは6.3%安、ウエスタンデジタルは2.6%安。

原題:
Micron Eyes Worst Day Since 2015 After Outlook Disappoints (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE