コンテンツにスキップする

米下院情報特別委、内部告発者から「早急に」話聞く方針-シフ委員長

米下院情報特別委員会のシフ委員長は、トランプ大統領に対する正式な弾劾調査開始のきっかけとなる内部告発を行った人物から「早急に」話を聞く考えを示した。

Acting Director Of National Intelligence Maguire Testifies Before House Intelligence Committee

下院情報特別委のシフ委員長

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  シフ委員長は議会の休会中でも手続きを進めるとし、大統領の電話会談でのやり取りを耳にした可能性のある他の人物に関して話をするため、監察官と今週中に非公開の会合を開くと述べた。

  シフ氏は29日、ABCの番組「ディス・ウィーク」で、内部告発者から話を聞く時期について、告発者の弁護団に対する機密アクセス権限の手続き完了にどの程度時間がかかるかに左右されると説明。その上で、「われわれは全速力で前進している」と加えた。

原題:
Panel to Hear ‘Very Soon’ From Trump Whistle-Blower, Schiff Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE