コンテンツにスキップする
Photographer: Jeff_Hu/iStockphoto

中国、「双方向」の金融開放促進を表明-米政権は資金流入制限を検討

Display of Stock market quotes in shanghai,China
Photographer: Jeff_Hu/iStockphoto

中国は自国金融市場の開放を継続し、海外からの投資を奨励する方針を表明した。トランプ米政権が中国への資金流入を制限する方法を検討しているとの報道がある中、中国は方針を堅持する姿勢を示した。

  国務院金融安定発展委員会は27日の会合要旨で、「中国は国内金融システムの競争力と活力を高めるため、質の高い双方向の金融開放の促進に向けてさらなる措置を講じ、海外の金融機関や資金による本土金融市場への投資を奨励する」と記した。

  中信銀行国際の廖群チーフエコノミスト(香港在勤)は「改革推進と開放拡大に向けた中国の取り組みは短期的にはペースが鈍化するだろうが、決して止まることはないだろう」と述べた。

原題:
China Vows ‘Two-Way’ Financial Opening as Trade Talks Near(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE