コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】工業利益、組み入れ見送り、対話集会、相当な量購入

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 中国の工業利益、8月は前年割れ-景気減速と生産者デフレが響く
  • FTSEラッセル、中国本土債の主要債券指数組み入れ見送り
  • 香港トップが初の対話集会-「五大要求」で譲歩なく、抗議行動も
  • 中国、日本からの光ファイバープリフォームで反ダンピング調査開始へ
  • トヨタと中国の広州汽車、EV分野などで関係強化
  • Jディスプ、中国ファンドが出資中止-臨時総会では再建案可決
  • 王毅外相:中国は米国製品の購入拡大に前向き-ロイター
  • 米国産豚肉と大豆、中国企業が「相当な量」購入-商務省報道官
  • 中国は米国産大豆輸入拡大の公算大、来月の副首相訪米時-上海匯易
  • ファーウェイ制裁の一部猶予措置、延長する可能性低い-米当局者
  • ソフトバンク傘下のアーム、ファーウェイへのライセンス継続へ-財新
  • 日米豪印、インド太平洋の安全保障など閣僚レベルで協議-中国を意識
  • 弱さの窓」入り世界経済、景気後退五分五分-PIMCOフェルズ氏
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE